バイヤー森の買って良かったシリーズ 2019SS版

2019.05.21 Tuesday

0

     

     

    秋冬でめちゃくちゃ反応が良かった記事

     

    買って良かったシリーズ

     

    春夏版を書いていこうかと思います。

     

     

     

     

    今回は店頭に在庫のあるものだけで!

     

    まだ提案出来ますよって形にしたいと思います。

     

     

     

     

    まずはこの子!

     

     

    Varde77 /PURE BLACK LINEN BIG SILHOUETTE JACKET

     

     

    糸の芯から真っ黒に染め上げられたジャケット、、。

     

    リネンの質感で真っ黒のジャケットは、少々玄人向けではありましたが僕は大好きです。

     

    店頭着用もめちゃくちゃ多いアイテムです。

     

    ラベルのデザインもポケットのデザインも秀逸。

     

    洗ったあとの表情も素晴らしい、、、。

     

    もうすぐ到着予定のブラックアロハのガウンを忍ばせて、まだまだ着込んでいきたいと思います!

     

     

    Varde77 /PATCHWORK DAMAGE&REPAIR DENIM PANTS

     

     

    ウチとVarde77直営店舗のみで取り扱っている、別注のデニム。

     

    デニムの色落ちは経糸と横糸のバランスで決まりますが、この子は合計12か所にリペアが施され、その生地が違う。

     

    洗いをかける時間を綿密に計算しないと生まれないデニムです。

     

    デニムは拘りのある人が多い印象がありますが、まずは感性で履いてみてください。

     

    絶対誰も持っていないデザインなので、スタイリングで使う頻度がめちゃくちゃ多くなるパンツになるはず。

     

     

     

     

    Varde77 /REBELLION VEST

     

     

    異様に短い着丈、8つも施されたポケット。

     

    スタイルが軽くなる春夏において、ひょっとしたら最も大事なアイテムかもしれません。

     

    秋になったらコートの中に、ダウンの中に、N-1の中に。

     

    想像が膨らむベストです。

     

    あるとないとじゃ大違い!

     

     

     

    ぱっと書こうと思ったら完売品が多くてあまり書けませんでした。笑

     

    モデレートデニム、ガスコート、そしてブラックアロハなんかも最高です。

     

     

     

     

    お次はIroquois!

     

     

     

    Iroquois C/RケーブルKNIT

     

     

    5色展開で5色買うという異例の事態を引き起こしてしまいました。

     

    コットンのビックTシャツも好きなのですが、ここ2〜3年ずっと着ていたら少し飽きが出てきてしまっていて

     

    その流れの中でリリースされたコットン/レーヨンのニットはドハマリです。

     

    一枚でそれとなく差をつけられるし、秋冬の立ち上がりのアイテムとの相性もかなりいいはず。

     

    着るのはパープル、ブラック、オレンジが多いかもしれません。

     

    店頭展開はあとベージュとパープルのみとなっています!

     

     

     

    Iroquois R/SI BIG HS SHIRTS

     

     

    レーヨン95%、シルク5%という生地の配合率。

     

    シルクがほんの少し入るだけで、こんなに気持ち良い生地になるんです。

     

    仙台はまだ半袖っぽくない気候なので、まだあまり着れていないのですが、来月あたりからガンガン着ることになるでしょう。

     

    季節を感じるとっておきのサマーシャツ。

     

     

     

     

    Iroquois UNWRITTEN

     

    水洗いレーヨンのくたっとした質感が特徴的なシャツ。

     

    正直これはグラフィックがあってもなくても買っていたと思います。

     

    「The Future is Unwritten」 未来は描けない

     

    ジョーストラマーの映画からインスピレーションを受けて製作されています。

     

    「未来は描けない」からこそ「いま、この瞬間」を楽しむファッションを。

     

    この子も来月あたりからめちゃくちゃ着ることになるでしょう。

     

     

     

     

     

     

     

    2ブランド、しかも完売アイテムは除外ということで少なくなってしまいましたが

     

    是非参考になさってくださいませ〜。