Fukuwauchi,ALBE入荷です!!

2006.09.12 Tuesday

0
    夏のアロハで人気だったFukuwauchiとALBEのシャツ・カットソー・アクセが入荷しました。

    Fukuwauchiは夏に引き続き大正から昭和初期の京友禅2,000柄近くの中から厳選した柄を復刻させました。
    多少デザインをMODIFYしましたが、大正・昭和初期の当時の文化を感じていただけると思います。

    京友禅とは着物の生地を染める技法で、江戸時代までに編み出された染色法をもとに、元禄元年、京都・祇園あたりに住む扇絵師、宮崎友禅斎が美しく華麗な絵を描くことをしたのが始まりと言われています。
    型紙を使用して染める型染友禅と手書き友禅があり、現在は一つ一つ手で描かれる手書き友禅が主流で、全国の呉服店の八割までが京友禅といわれています。
    一つの作品が完成するまでに、下絵、糊置き(染料が混じり合わないよう下絵に沿って糊を置いていく工程)、染色など、仕上げまでに実に二十以上の工程があります。これらの工程を専門に分業で作り上げるのが京友禅の特徴です。

    そしてALBEからはシャツとカットソーが1型づつとアクセの入荷です。
    シャツはフロッキーボーダと言う手法を使い柄が浮き出た面白い風合いです。カットソーは逆にシンプルでタックがはいり立体的な作りです。後染めをする事で雰囲気が出てとても落ち着いたカットソーです。アクセはレザーを使ったチョーカーとブレスです。暗くなるこの時期に映えるカラーなのでアクセントにオススメです。使い込んでアジがでるのも楽しみなアイテムです。

    やっとお店も秋色になり、お洒落が楽しみな季節になってきました。まだまだ続々と秋物が入荷するのでお見逃しの無い様にチェックして下さい。