自由の象徴へ

2019.03.20 Wednesday

0

     

     

    これまでLOOPではあまりバイイングしてこなかったボーダー柄。

     

    今シーズン、どうしても提案したかったのですが

     

    ピッチや色で気に入るものがなく断念していました。

     

     

     

    が!

     

     

    見つけてしまいました!!

     

     

     

     

    EZ DO by EACHTIME

     

    Size:M,L,XL

    Price:¥12,000-

     

     

    そうそう、このピッチ。

     

    ラグランスリーブでラウンドカット。

     

    カットソーは細かいディティールでアイテムの雰囲気が決まってしまうので

     

    バイイングしにくいのですが、これはすでにお気に入りです。

     

     

     

     

     

    洋服の歴史的な話をすると、ボーダー柄ってのは元々はHappyな柄じゃないのです。

     

    社会的に蔑視の対象だった職業の方々が着ることを義務付けられていたり

     

    獄中着なんかもボーダー柄です。(ルパンが捕まった時とか着てますよね)

     

    それが大きく転換したと言われているのが、フランス革命。

     

    フランスの国旗って元々はボーダーの3色旗だったんですよ。

     

    そこから革命の象徴として、街の至る所にボーダーの落書きが。

     

    もちろん革命をしている人が着ていたのもボーダー柄。

     

     

    縞模様に対する蔑視がほとんどなくなった現在、社会と区別されるために貼られたレッテルではなくなりましたが

     

    いまだに既存の価値観や規律に対して自分のアイデンティティを誇示する異質性のようなものが内在します。

     

     

     

     

     

    冒頭の話で、「どうしてもボーダーをバイイングしたかった」と書きましたが

     

    これはVarde77の今季のテーマ「Rebellion and Loyalty」と非常にマッチするなあと思っていたからなのです。

     

     

     

    反逆と忠誠。

     

    ボーダー。

     

     

     

    なんかいいっすよ。

     

    是非着てみて下さい!