明日より

2019.01.31 Thursday

0

     

     

    明日より2019S/Sシーズンの立ち上がり。

     

    今年も珠玉の春物をご用意することが出来ました。

     

     

     

    「正直、春物なんてまだ着ないよ」という声が大半かと思いますが

     

    「新作を着なければならない病」という重い病に罹っている僕はすでに着ております。

     

     

     

    というのも、この時期の春物は使い方なんですね。

     

    季節感のあるシャツをお気に入りのアウターの中に着たり

     

    カットソーだけ色のあるものを着てみたり

     

    春物を楽しむのは工夫次第、といったところでしょうか。

     

     

     

    「シーズンの立ち上がりで買ったものは一番上に着なければならない」なんてルールはありませんので。

     

    こっそり忍ばせるのが粋ってもんじゃないでしょうか。

     

     

     

    さて商品紹介。

     

    まずはIroquoisより。

     

     

     

     

     

    2000%使うカットソー。

     

    後々改めて説明しますね。

     

     

     

     

     

     

     

     

    コットン/キュプラのビックシャツ。

     

    普通はスーツの裏地等で使われるキュプラという素材を全面に活かしたシャツ。

     

    レイヤードスタイルにもしっかりとハマってくれます。

     

    裏地の素材と言うだけあって、上に何を羽織ってもストレスになりませんのよ。

     

     

    アウターとして着た時も、シルエットの残りが出るのです。

     

    この辺は店頭で詳しくお話させてください。

     

     

     

    お次はA VONTADEより。

     

     

     

     

    真っ赤なシャツジャケット。


    素材は40番手双糸を限界まで強撚したオックスフォード生地。 


    綿100% ながらナイロンライクなシャリ感が特徴です。 


    1900年代初頭のフランスの農夫が着ていたであろうリネンジャケットをイメージソースに、やや着丈の長いAラインのシャツにアレンジしました。

     
    ボタンはパラシュートボタンでミリタリーエッセンスをプラス、腰ポケットを付け、後ろ中心を接いで振り込む事で、アウターの要素を取り入れました。

     

     

    いいんですよ、この子。

     

    ちなみにパンツもあります。

     

     

     

     

     

    アンクル丈のカラーパンツ。

     

     

    今年の春夏のバイイングテーマに深く深く関わってくるアイテムです。

     

     

    カラーはネイビー、ホワイトもご用意があります。

     

     

     

    まだまだ新作ありますが、後は店頭でのお楽しみということで。

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする