LOOSE DENIM

2018.06.11 Monday

0

    こんにちは、冬吉です。

     

     

     

    とうとう梅雨入りしました。

     

    先日おススメさせて頂いたこちら

     

     

    MR.OLIVE EOI / WATER PROOF SHIRINK LEATHER / DANCE SHOES

     

    これから主力としてガンガン活躍してくれるでしょう。

     

    ウォータープルーフであるという以上に、

     

    これから先のシーズン、フットウェアに求められる軽やかな美しさを備えた逸品。

     

    ブーツやビジネスシューズに比べ使用するパーツも少なく、先芯も無くスッキリとミニマルな印象。

     

    ボリュームを抑えながらも発色の美しいネイビーが足元に華をもたらします。

     

    美しいレザーとは必然雨などに濡らしたくはないものですが、

     

    MR.OLIVEのウォータープルーフレザーであれば全く問題なし。

     

    むしろ雨の日が楽しみになることでしょう。

     

     

     

     

    そして、いまおススメしたいパンツがこちら

     

     

     

     

    IROQUOIS / LOOSE DENIM

     

    画像だけでは絶対伝わらないだろうな、と思います。

     

    シルエットは一般的なルーズフィットといったところ。

     

    こちらは是非店頭で見て・触って・履いてみて欲しいアイテムです。

     

     

     

    デニムという生地は西部開拓期より、堅牢なワークパンツとしての存在でした。

     

    デニムという素材を語る上で欠かせないのが生地の厚さ=重さ。

     

    今でも武骨な男たちの心をくすぐるのはヘビーオンスと言われる分厚く堅いデニム。

     

    オンスが高ければ高いほどいい、なんて人も存在します。

     

     

     

    ヘビーオンスに魅せられた者たちが日々さらなるヘビーオンスを求めて屈強なデニムを製作していく中、

     

    ご紹介するデニムは、「現代の技術力の中で最大限あまく織られたデニム生地」を使用しています。

     

    生地の厚みは、織り機が生地を織るスピードによって決まります。

     

    早ければキツく、遅ければあまく。

     

    こちらのデニムは織り機の限界まで織るスピードを遅くして製作されています。

     

    これ以上ない甘編みデニム。

     

    手に取るとまるでマフラーを持っているかのように軽く、

     

    履いてみるとまるでスウェットのように柔らかいです。

     

    お店の照明にかざせば透けるほどのあまさ。

     

    この時期雨に濡れてもすぐに乾きます。

     

     

     

    実は織り機のスピードは一度変更するともう戻せません。

     

    つまりこのデニムを製作する為に一台織り機が使えなくなっています。

     

    それだけでこのデニムの希少性が伺えます。

     

     

     

    僕も前述したヘビーオンス大好きっ子です。

     

    ですが、であるからこそ限界のライトオンスを知らなければヘビーオンスを語れない、

     

    そう思いついついゲットしてしまいました。

     

    これはどうやら夏の相棒ボトムになってくれそうです。

     

    口頭でお伝えするよりも、これは確実に履いてみた方が伝わるかと思います。

     

    是非おためしに来てください。

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする