Iroquois&????

2018.05.10 Thursday

0

     

    今週末。

     

    IroquoisとNew Barndの2018A/W展示会です。

     

     

     

    相変わらず攻めたコレクションを見せてくれたIroquois。

     

    僕自身、展示会で見たときから少し時間が経っているので

     

    またあの作品が見られることにワクワクしています。

     

     

     

     

     

     

     

    今季のテーマは”Madchester”

     

    音楽が好きな方は聞き馴染のある単語ですかね

     

     

    80年代後半〜90年代前半のイギリスのマンチェスターを中心に起こったムーブメント

     

     

    享楽的なダンスミュージック、4つ打ちが基本の音楽と言われていますが

     

    文字で語るものではありません。

     

    やはり音楽のムーブメントを知る為には、耳で。

     

    音楽を語る時に、目で得られる情報など意味を持ちません。

     

     

     

    ファッション的にこの時代を語るとすれば、「スカリーズ」というくくり。

     

    「ロックミュージシャンがロックミュージシャン然してるのなんてダセえ」

     

    音楽的にもそうなのですが、アーティストと観客が同一目線でいるのがこの時代の特徴です。

     

    だからアーティストの衣装も、だぼだぼのジーンズにパーカーとか。

     

    あえてダサく着こなすのが流行でした。

     

    イアン・ブラウンとかね。ちょーカッコいい。

     

     

    ジーンズにスニーカー、それにジャージを羽織って

     

    ギターケースを持っていればその人は完璧にロック・スター。

     

    そんな潮流を作った時代でもあります。

     

     

     

    今、この時代にこのコレクションを発表するあたり

     

    Iroquoisの感性には脱帽です。

     

     

     

     

     

     

    もう1つのブランドに関しては、前にも言った通り非公開です。

     

    店頭来場者限定。ライブ感をお楽しみください。

     

     

     

    関連する記事
    コメント
    コメントする